たまの心のクリニック

つらい時になるべく初診を|横浜の若い女性と女の子の心療内科、精神科
たまの心のクリニック

 

※上記QRコードを読み取っていただきますと、一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

お知らせ

患者さまへのお願い(横浜の信頼できる心療内科をめざして)

当院は若い女性が対象ですので、大声や乱暴なふるまいにおびえてしまう方がおられます。マナーをお守り頂けない方はやむなく診察をお断りする場合があります。つらくて切羽詰まって当日受診を希望される方のため、キャンセルのお電話は必ずお願い申し上げます。横浜からあたらしい心療内科の文化がうまれるよう努力してまいります。

 

診断書について(当院の見解)

休職の診断書について
最近、会社から休職の診断書を書いてもらうように言われたと来院される方が多くいっらしゃいます。
不出社はすべて医療の問題ではありません。会社が診断をくだすのは違法行為に当たります。
職場環境に適応できない場合は、始めに人事の方や保健師さんに相談されてみてください。
回復のために休むことが適当と判断した場合は自宅静養の診断書をお出ししています。
横浜の心療内科事情
数が急激に増えました。思い立った当日に初診をお受けできるクリニックをめざします。パニック障害の方は人混みが苦手で交通手段も限られてしまいます。急行や混雑の電車には勇気が要ります。当院は相鉄線の各駅しか停車しないローカルな駅ですが横浜の繁華街から車や電車でアクセスが便利な立地ですので比較的来院しやすいです。
(今日診て貰える)と標榜しているため、都内や県内の遠方から来院くださる方もおられます。
自立支援医療について
指定医療機関を平成29年3月31日をもちまして返上いたしました。
 

Q&Aコーナー

うつ病の体の回復の難しさについて
高校生が一人で受診について
子供の頭痛、吐き気という心身症について
 

お知らせ(横浜,心療内科,当日初診)

物悲しさが増しこの世から消えたい衝動に死ぬ以外の道を見失われてしまう方がおられます。ゆとりがない中でも楽しむ罪悪感だけは保留にしませんか。
天災で時間軸が変わり今までの生き方が問われています。ご自分を追いつめてしまわれる前にいらっしゃってみてください。それぞれの方の流儀で生き延びる道を共に考えましょう。
土、日、休日は横浜駅のひとの流れで圧倒されてしまいます。
当院は横浜駅西口から相鉄線で5分の各駅しか止まらないレトロな駅にあります。横浜駅にいらっしゃったついでにあと一歩足を延ばして頂けるとお役にたてることがあるかもしれません。
当日に初診をお受けすることで、こころの傷みがひどくならないうちに介入させて頂けると多くの方が数回の診察でよくなられるようです。慢性化されている方もあきらめずにいると快方にむかうきっかけが見つかることがあります。
土曜午後の初診もお受けしております。
1階がコインパーキングで横浜やみなとみらいの繁華街から車で10分と身近です。相鉄線天王町駅から徒歩2分です。
045-340-2560。
気候も社会も不安定です。心身共にくれぐれもご自愛ください。
朝の来ることを望まない方も、夜にその日の無事を感謝される方もおられます。1日を生きる重みは大切にしたいです。

 

yokohama-tamanokokoro